すみだ物語

暮らしのものがたり

趣味こそ健康の秘訣【1】

すみだ生涯学習センター ユートリヤでは、学びや健康に関するさまざまなイベントの開催や趣味やスポーツ、ボランティアなどの登録サークルがユートリヤで練習をしたり、発表の会場として利用しています。2019年11月7日~24日にかけて「ユートリヤ祭」も開催されます。

今回はユートリヤ祭に参加する、イキイキと活動している団体をご紹介していきます。

■ 新すみだハーモニカ教室

新すみだハーモニカ教室

練習会場に訪れると複音ハーモニカ、クロマチックハーモニカ、コードハーモニカ、バスハーモニカなどさまざまなハーモニカにより音が重なり合い、まるでオーケストラのような演奏が行われていました。

新すみだハーモニカ教室」の生徒は総勢32名。講師の東和美さんの指導のもと、真剣さながらに練習を行っています。生徒さんの最高齢者は95歳、毎回元気に練習に通っています。

95歳の本間ふくこさん(左)と80歳後半の山下きよみさん(右)
95歳の本間ふくこさん(左)と88歳の山下きよみさん(右)

発足は昭和58年。発足当初は、子供10人、大人6名でスタートしました。同教室の代表の東波津子さんのお子さんが小学生の頃、担任をしていた小坂井雅敏氏。氏はハーモニカの名手でもあり、定年退職後に子供たちにハーモニカを楽しんでもらいたいと東さんとともに教室を主宰して指導を行うようになりました。現全日本ハーモニカ連盟理事長の斎藤寿孝氏が合奏を指導するなど錚々たる講師陣でスタートしています。

発足当初から地域に向けた自主コンサートやハーモニカコンサートに参加することによりハーモニカの演奏を研鑽しています。

新すみだハーモニカ教室

現講師の東和美さんも5歳の頃より新すみだハーモニカ教室で学び、小坂井雅敏、斎藤寿孝両氏に師事。「はぐれ刑事純情派」のハーモニカ吹替え担当や世界ハーモニカ連盟の日本支部が主催するFIHジャパンハーモニカコンテストにて特別賞受賞、ソロやトリオで「ミネストローネ」として各地のイベントやコンサートに出演するなど多岐にわたる活動を行っています。

新すみだハーモニカ教室

地域のハーモニカ教室でありながら、一線で活躍する講師陣やコンサートに向けての合奏練習を行う教室に気軽に参加するのは難しいのではないかとお伺いすると、「最近でも初心者の方が入会しています。初心者の方には、まず個人レッスンを丁寧に行います。また生徒さん同士でも教えあったりもしています。簡単な音を鳴らすだけでも合奏に参加できますし、いろいろな音がうまく揃った時の達成感。本当に楽しいですよ」と講師の東和美さん。

ユートリヤ祭

「今は、シニアの方々が中心となって練習を行っていますが、子供たちにもハーモニカの楽しさを知ってもらいたいですね」と代表の東波津子さん。

新すみだハーモニカ教室は、ユートリヤ祭の11月10日()に出演します。
ぜひ、見事なハーモニカ演奏をお楽しみください。

・その他のコンサート
新すみだハーモニカ教室ミニコンサート
12月14日()開場12:30/開演13:00
会場:ユートリヤ すみだ学習センター B棟2階マスターホール

ユートリヤ祭
【舞台部門】
A日程:11月10日()、B日程:11月24日() 10:00~17:00(開場9:40)
会場:B棟2階マスターホール
【展示部門】
A期間:11月7日(木)~10日()、B期間:11月21日(木)~24日(
会場:B棟1階 展示ギャラリー

 

ユートリヤ すみだ生涯学習センター
東京都墨田区東向島2-38-7
TEL03-5247-2001(代表)
すみだ生涯学習センター(ユートリヤ)HP