僕の半年かってぐち【前編】

どうも、すみだノート編集部の及川です。
ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまい、夏に向けてまたウネウネと活動していこうと思っています。
さて、ここ最近の話題といえば、勝手口ですね!

今日は、先日「お知らせ」に投稿したその「勝手口プロジェクト」について詳しく書こうかな。

勝手口
及川

なに!?勝手口ぷおジェ、クトを知らない・・!?

木下

出だしからカミカミだな。

おいかわ
元演劇部

よし、じゃあまずはこちらの「お知らせ」記事、二つをご覧ください!

墨田区 京島に無人駅が誕生!?

2024年4月19日。 墨田区京島三丁目、すみだノート編集部Cghgの裏庭に突如として現れた「無人駅」。

京島に小さな小さな駄菓子屋さんがオープン!

4月27日(土)12:00、すみだノートの駄菓子屋さん「かってぐち」がオープンします! 場所は無人駅「勝手口駅」ホーム内です★

とまぁ、すみだノート編集部 事務所Cghg(ちぐはぐ)の大改装のうち、裏庭の改装が完了しました!っていうお知らせだったんだけどね。
(室内はまだまだ改装中です!)

この裏庭、実は半年前までゴミ置き場状態だったんです。
ほれ。

すみだノート編集部の裏庭

ね、ひどいでしょ。
雑草ボウボウ。

及川

キレイな庭にしたいなぁ。

ちょうどその頃、何か新しいことをしたくて、思いついたのが「駄菓子屋」。
最近は「元祖・駄菓子屋」が少なくなっていて、駄菓子で育った僕としては寂しかったのですね。

そこで。

及川

裏庭をキレイにして、そこ(勝手口)に小さな駄菓子屋を作ってしまおう!

と、「後先考えず」の悪い癖から始まりました。

駄菓子屋は棚を作って並べればいいかなぁ〜。くらいの気持ちだったので、ひと月くらいと予想していました。
が!「裏庭」を整えることが想像以上に大変だったのです。

まず地面が明らかに事務所より低かったので、土を買ってきて盛り土?ってやつをしたのですが。

及川

盛っても盛っても地面が上がってこない・・・。
何十リットルの土を運んだのか・・・?

すみだノート編集部の裏庭

それでもどうにか盛り上げて、雑草が生えてこないシートを敷いて(ドクダミがすごいの)その上には人工芝。壁にはベニヤ板を貼りました。

するとどうでしょう。あんなにジメジメしていた裏庭がキラキラと輝き始めたのです!⭐️⭐️⭐️

すみだノート編集部の裏庭
及川

うぉ〜〜!

そのあとは、芝生の上にベンチを置いたり、ひょうたん池を置いたりして、お隣の駐車場からニコニコと眺めていました。(よその駐車場なので本当は入っちゃダメよ)

しばらくボケ〜っと見てると・・・。

及川

・・・なんだかローカル線の駅?っぽい・・・。

すみだノート編集部の裏庭

と、ほんの少し電車が好きな僕の頭に、そんなイメージが降りてきたのです。
そこから急に、頭の中でガチャコンガチャコンとパズルが合わさるような、結びつくような音がして。

・ローカル線 無人駅 →ガチャコン
・ホームの売店 駄菓子屋さん →ガチャコン
・季節ごとに造花 四季を満喫 →ガチャコン
・ホームの隅 スイカの苗(Cghg農園・京島西瓜) →ガチャコン
・池 メダカ(本物) →ガチャコン
・夏 ホタル(フェイク) →ガチャコン
・冬 雪(フェイク) →ガチャコン

と組み合わさり。

及川

駅表札とか作って、本当の駅のホームにしてしまおう!

とまた、時間のかかることをやり始めることとなりました。

いつもはパソコンに向かっての作業ばかりだけど、ノコギリなどを使って身体を動かす作業が楽しく、どんどんハマっていきました。
しかし難しい。ノコギリまっすぐ切れない。
祖父は大工の棟梁だったのにー!及川工務店。

おいかわ

おじいちゃん、下手でスマン。

それでも、どうにかこうにか切り揃えて、ビス留めしたり、ペンキ塗ったりして少しずつホームっぽくなっていきます。

すみだノート編集部の裏庭

来る日も来る日も、裏庭裏庭。

その間。

押上のウッドチャックさんで「第2回すみだノート展」があったり。

第2回すみだノート展

錦糸町の「すみだストリートジャズフェスティバル」のボランティアをしたり。

「錦糸町のすみだストリートジャズフェスティバル」のボランティア

「第6回 すみだストリートジャズフェスティバル in ひきふね」に出演しちゃったり。

第6回 すみだストリートジャズフェスティバルinひきふね

キラキラ橘商店街の「鳥正さん」で3ショット撮ったり。

キラキラ橘商店街の鳥正さん

本所のお好み焼き屋「初代 東京もんじゃらすK」に行ったり。

初代 東京もんじゃらすK

静かに京島で「2023年のクリスマス」を迎えたり。

2023年のクリスマス

そんなバタバタ?ユルユル?な日々を送りながら・・・休日はひたすら。

裏庭、裏庭。 裏庭、裏庭。

裏庭。

裏庭、裏庭。 裏庭、裏庭。

そして、ふと気がつくと。
まったく完成しないまま、2024年を迎えてしまっていたのでした。

2024年

【 後編へ続く 】

すみだノート編集部
及川博勝

及川博勝