すみだ物語

街のものがたり

音で世界を旅しよう!!「ほくさい音楽博」2019年2月10日開催

音で世界を体験

「音で世界を旅しよう!!」をテーマに「ほくさい音楽博」が2月10日()に開催されました。
「ほくさい音楽博」は、世界に名を轟かせた葛飾北斎への敬意を込めて、北斎の生誕地でもある墨田区周辺地域の子供たちに、世界中の響きの美しい音楽に触れてもらい、その歴史を学び、練習を重ね、発表会を行っていくプログラムです。
小さいうちから世界中の音楽や楽器の響きに直に触れ、彼の地を想像すること。子供たちが小さな好奇心を持ち続けて、いつしか葛飾北斎のように羽ばたき、世界に影響を与える存在になっていって欲しいという願いを込めて開催され、今年で5回目を迎えました。

ほくさい音楽博

会場は、回向院(墨田区両国2-8-10)の本堂、念仏堂と回向院に隣接するシアターX(カイ)、両国駅に隣接するー両国ー江戸NORENの3会場で行われました。
プログラムは、昨年の11月から練習を重ねてきた小学生たちによる「義太夫発表会」「和楽器発表会」「ガムラン発表会」「スティールパン発表会」の披露。

舞台の袖に並ぶ子供たちも鈴の音を鳴らして参加
舞台の袖に並ぶ子供たちも鈴の音を鳴らして参加

各会場では、「スティールパン体験」「ガムラン体験」「世界の楽器体験」「ウクレレ体験」「和楽器体験」「サンバ衣装体験」等や義太夫発表会の講師を務めた竹本京之助、鶴澤弥々による義太夫ライブ、柳原陽一郎(元たま)も参加する和楽器ライブ等、普段では触れる機会がないような体験型プログラムが多数用意され、当日訪れた子供たちは、目を輝かせながら体験を楽しんでいました。

民族衣装を身に纏う子供たち
民族衣装を身に纏う子供たち

講師を務めた、竹本京之助(義太夫)と鶴澤弥々(義太夫三味線)の義太夫ライブ
講師を務めた、竹本京之助(義太夫)と鶴澤弥々(義太夫三味線)の義太夫ライブ。義太夫の魅力と説明を交えながらワークショップ形式で観客と義太夫を練習。その後、義太夫を披露

子供たちが世界の楽器に触れ合う

アフリカで広く親しまれている親指ピアノを体験。鳴らし方は簡単だけど、2拍子と3拍子を同時進行する複合リズムが特徴
アフリカで広く親しまれている親指ピアノを体験。鳴らし方は簡単だけど、2拍子と3拍子を同時進行する複合リズムが特徴

和楽器体験で実際に三味線を体験
和楽器体験で実際に三味線を体験

オーストラリアで生まれた世界最古の管楽器「ディジュリドゥ」
オーストラリアで生まれた世界最古の管楽器「ディジュリドゥ」。紙の筒に子供たちが装飾をして簡易的な「ディジュリドゥ」を作って音を楽しむ

ガムランを鳴らして音を楽しむ子供たち
ガムランを鳴らして音を楽しむ子供たち

「すみまるくん」バスの乗車体験
両国駅広小路では、「すみまるくん」バスの乗車体験も行われていました

「今年は、5回目の開催になります。シアターXの劇場も会場となり、すみまるくんの乗車体験も加わり、年々規模の広がりを見せています。第1回目は、発表会に参加する子供たちも、スタッフが参加者を募るため走り回っていましたが、子供たちや保護者が昨年の友達の舞台を見て、自分も参加したいというお申し込みが増えてきました。少しづつ地域に浸透してきたのかと思います。これからも多くの皆さんに世界の音を体験してもらえればと思います」とトッピングイーストの宮﨑有里さん。

主催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)、特定非営利活動法人トッピングイースト