すみだ物語

街のものがたり

すみだモダン2017ブランド認証

今年で8回目を迎える『すみだモダン2017』の発表会と認証式が3月16日(金)にすみだ北斎美術館1階MARUGEN講座室で開催されました。

『すみだモダン2017』ブランド認証事業は、2017年8月から9月末までの2か月間募集を行い、商品部門につきましては『認証審査会』による審査を経て、また、飲食店メニュー部門は、『区民調査隊』による試食調査の結果を受け、『すみだ地域ブランド推進協議会 理事会』にて決定されました。

商品部門には49件の応募があり、9商品が認証され、飲食店メニュー部門は12件の応募により5メニューが認証されました。
また、台湾の国際的なデザイン賞である『ゴールデン・ピン・デザインアワード2017』に、すみだモダン認証商品から3商品が選定されました。

すみだモダン2017ブランド認証

すみだモダン2017ブランド認証

江戸時代から続く「ものづくり」のまち墨田区では、2010年から「ものづくり」を通じて、地域のブランド力を向上し、産業の活性化を図る取り組み『すみだ地域ブランド』を推進しています。その中心事業である『すみだモダン認証事業』は、「あたらしくある。なつかしくある。」を基本コンセプトとして、すみだらしい付加価値の高い商品や飲食店メニューを『すみだモダン』というブランド名で認証し、広く国内外にPRしています。

これまでに、工芸品や日曜生活品、食品など122商品・50飲食店メニューが認証して、フランスや台湾の有名セレクトショップでも高い評価を得て販売される商品が出ています。

「墨田区では様々なものづくりが行われていて、それぞれ特徴のある商品が多くあります。そのそれぞれの商品が日常に浸透し、さらにその商品の持つ“すみだ”らしさや多様性が広まればと思います」と理事の髙橋正実さん。

「今回認証された商品は、粋な発想や地元の素材を進化させた商品が多く見られます。ものづくりに関しては、オリジナリティーがあり、感動、ユーモア、物語性を感じさせることも大切な要素だと思います」と水野誠一理事長。

【すみだモダン2017商品部門】
(1)箸置き「TAGANE(たがね)」 有限会社塩沢製作所
(2)力士ペーパーウエイト 塚田工房
(3)すみだデニム 株式会社クリエイターズ
(4)歌舞伎タオル 株式会社石山染交
(5)JonoJono(じょのじょの) オレンジトーキョー株式会社
(6)北斎漫画吹き出し帳 どうち製本所 紙工房 堂地堂
(7)クライミングマン エスエージーバルーンズ株式会社
(8)WAYOU(わよう) 廣田硝子株式会社
(9)やさしさ やみつき 白クルミ・黒クルミ・ジンジャーアーモンド 宮川製菓

北斎漫画吹き出し帳 どうち製本所 紙工房 堂地堂

クライミングマン エスエージーバルーンズ株式会社

WAYOU(わよう) 廣田硝子株式会社

【すみだモダン2017飲食店メニュー部門】
(1)北斎せいろ 蕎肆 穂乃香
(2)和風さばサンド ブーランジェリー・トロワ
(3)お茶づくしランチプレート 一軒家カフェ iKKA
(4)ルージュ La croise’e(ラ クロワーゼ)
(5)ノワール La croise’e(ラ クロワーゼ)

すみだモダン2017飲食店メニュー部門

【ゴールデン・ピン・デザインアワード】
(1)ファクトリー・ロボ 株式会社 浜野製作所
(2)職人が大切な人に贈ったはさみ携帯用・普段用 石宏製作所

【ベスト・オブ・ゴールデン・ピン2017】
(1)花蕾・江戸硝子・大正浪漫硝子シリーズ 廣田硝子株式会社

花蕾・江戸硝子・大正浪漫硝子シリーズ 廣田硝子株式

すみだモダン2017認証審査委員(すみだ地域ブランド推進協議会理事・顧問)
理事長・水野誠一、審査委員長・田中一雄、審査副委員長・小澤弘、理事・髙橋正実、顧問・赤池学、顧問・大塚章子、顧問・瀧勝己、顧問・出口由美、顧問・マリ・クリスティーヌ、顧問・山田遊(敬称略)

すみだモダン2017発表展示会
『銀座ロフト』3月21日(水)まで。11時~21時。中央区銀座2-4-6銀座ベルビア館3階
『GOOD DESIGN Marunouchi』 3月25日()まで。11時~20時。千代田区丸の内3-4-1新国際ビル1階
『産業観光プラザ すみだ まち処』3月16日(金)より常設展示即売10時~21時。墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン5階
『すみだ産業会館』3月16日(金)より常設展示9時~21時。墨田区江東橋3-9-10墨田区・丸井共同開発ビル8・9階