すみだ物語

暮らしのものがたり

サテライトキッチン

下町の小さなカフェスタンドで、本格派ハーブティーを楽しむ

サテライトキッチン

キラキラ橘商店街の一角の路地にある、築60年以上の長屋をセルフリノベーションした「サテライトキッチン」。
L字型のカウンターだけの小さなカフェスタンド。ハーブティーの専門店で季節野菜を使用したキッシュやパスタなども楽しむことができます。
50種類ほどのハーブによるオリジナルブレンドが好評。その時の気分により、好みを伝えれば、店長の小畑亮吾さんが、丁寧にブレンドしたハーブティーを作ってくれます。
エアロプレスで濃く摘出したハーブをミルクで割る「オリジナルラテ」やハーブをソーダで割る甘くない「オリジナルティーソーダ」もオススメです。

ハーブティー

サテライトキッチンのメニューの特徴は、ペジ&ラクト・オボ・ペジ。肉と魚介を使用せず、乳製品と卵を使用するベジタブルフードです。
季節の野菜を使用したパスタやリゾット(自家製ピクルス付き)、ハーブの香りと季節野菜のキッシュ(自家製ピクルス付き)や日替わりのスコーンなどが用意されています。

おしゃれなお店の雰囲気により、若いお客さんを中心としながらも、おばあちゃんの常連さんも多いのが、この地域の特徴。小さな店内に若い子とおばあちゃんが一緒にハーブティーを飲みながら会話をしている微笑ましい光景を目にすることも多く見受けます。
地域性もありますが、店長の小畑さんの魅力も大きく存在しているのでは。

サテライトキッチン

ヴァイオリニストとしても活躍する店長の小畑さん

小畑さんは、『サテライトキッチン』の経営とともに音楽活動も行なっています。
5歳からヴァイオリンを習い始め、現在もヴァイオリンの弾き語りライブを行なっています。
ヴァイオリンの弾き語りは、難度は高く演奏するプレーヤーも多くはないと聞きます。小畑さんのやさしい歌声とヴァイオリンの弾き語りはファンも多く、その実力も伺えます。

「ハーブティーのお店を開いたのも、音楽活動と並行してできる仕事ということで始めました。勤めた場合は、音楽活動も制限されますからね(笑)」と小畑さん。

また、『サテライトキッチン』をオープンしてから、下町の良さを改めて感じたという小畑さん。
「他のまちに住んでいた時は、さほど近所付き合いもなく、世代を超えた交流をする機会もなかったのですが、このまちでお店をオープンしてからは、人と人との距離がすごく近く感じますね。とにかく友達が増えました(笑)」。

高田うらら

今回の取材撮影も店のお客様でもあり、小畑さんの友人でもある
高田うららさんにご協力をいただきました。ありがとうございます。

高田うらら

サテライトキッチン
http://stllt.tumblr.com
東京都墨田区京島3-48-3
TEL:050-3709-2013
定休日:火曜・水曜・不定休あり ※ホームページなどでご確認ください。