すみだ物語

暮らしのものがたり

ふじのき定食

ボランティアスタッフによる運営。地域に愛される「ふじのき定食」

地域の方々とNPO法人燃えない壊れないまち・すみだ支援隊が運営する防火・耐震化改修のモデルルームとして平成25年4月にオープンした「ふじのきさん家(ち)」は、地域の寄り合い処としても多くの方々に利用されています。

「ふじのき定食」は毎週水曜日と金曜日に「ふじのきさん家」で営業。営業時間は11時45分~13時15分、20食限定のランチ(ドリンク付)を500円で楽しむことができます。

ふじのき定食

美味しいランチを提供しながら高齢者の孤食と栄養不足を解消

「旬の素材にこだわり毎回皆さんに楽しみにしてもらえる献立を考えています」と調理担当の開道さん。メニューは、和洋女子大学の柳澤幸江先生がメニュー内容や栄養バランスを監修し、スタッフが手間暇をかけて調理しています。

ふじのき定食

「毎回、定食のある日を楽しみに来ています。ご近所の方々やスタッフの方とお話をしながら食べる食事は美味しいですね」とこの日一番に訪れた常連のお客様。

訪れるお客様は、お一人であったり、ご夫婦、ご家族と様々。常連のお客様ばかりではなく、初めて来るお客様も入りやすい環境なので、一人で食事を摂ることが多い方や栄養が不足がちな方には是非お勧めします。

2階は、赤ちゃんや小さなお子様とご一緒でも落ち着いてお食事ができるスペースも用意されています。「小さな子供を連れて食事ができるお店が少ないので、よく利用しています。ここではゆっくりママ友とお話ができるのも嬉しいですね」とこの日訪れていた2組の親子。

ふじのき定食

いつも明るくお客様を迎えてくれるスタッフの皆さん

「オープン当時からのお客様も多いですし、お客さまとの会話が楽しみですね」とスタッフの横田さん。ふじのき定食のスタッフは、5人。開道さん、石井さん、菅沼さん、横田(ジミン)さん、横田(俊子)さん。その他、定食のない日も近隣のボランティアスタッフが笑顔で皆さんを迎えてくれます。

ふじのき定食

「ふじのきさん家」では、ふじのき定食をはじめ、ふじのきカフェ、ふじのき音楽倶楽部、コミュニティキッチン&読み聞かせ、防災講座、見守りDAYなど老若男女多くの方が利用出来るイベントも開催しています。また、昨年12月より防災こども食堂を立ち上げ、月に1回地域の子供たちやお年寄り向けに夕食の提供も始めました。

随時ボランティアスタッフ募集中。ご興味のある方は是非、お問い合わせください。

【ふじのき定食2月の献立】
2日(金)肉じゃが 豆ご飯 大根とホタテのサラダ 味噌汁(わかめ、ネギ)
7日(水)鶏唐揚げの香味だれ ご飯 わかめスープ 豆腐の搾菜載せ
9日(金)キッシュ風オムレツ パン 野菜スープ カリフラワーのマリネ 
14日(水)チキンカレー コールスローサラダ フルーツヨーグルト
16日(金)ぶり大根 ご飯 青菜のお浸し味噌汁(じゃがいも、玉ねぎ)
21日(水)麻婆豆腐 ご飯 中華風卵スープ 春雨サラダ
23日(金)鶏団子と白菜のスープ ご飯 ポテトサラダ 切り干し大根の煮物
28日(水)クリームシチュー パン フルーツ グリーンサラダ
※メニューは変更となる場合がございますのでご了承ください。

ふじのき食堂(ひきふね寄合い処 ふじのきさん家)
数量限定、予約優先のため前日12時までにお電話でのお申し込みをお願いしています。(予約を忘れた方のために2食程度は当日のご用意があることもありますので、お問い合わせください)
予約・お問い合わせ:03-6657-2300
E-Mail:fsupport@fujinokisanchi.com

ふじのき定食

ひきふね寄合い処 ふじのきさん家(ち)
墨田区東向島2-4-3
運営支援 NPO法人燃えない壊れないまち・すみだ支援隊