すみだ物語

人のものがたり

デザインを通じて地域、社会のために働くことが私の役割

クリエイティブデイレクター・アートディレクター・デザイナー
髙橋正実さん

髙橋正実

「デザインを通じて、社会のお役に立つことができれば」と語る髙橋正実さんは、「ニューヨークアートディレクタークラブ特別賞」(アメリカ)、「レッド・ドッド・デザインアワード」(ドイツ)、「アジアデザイン大賞金賞」(香港)、「日本パッケージ大賞」、「すみだが元気になるものづくり企業大賞」など多くの受賞歴を持つアートディレクターです。

読者のみなさんも知らず知らずのうちにも、髙橋さんのデザインを目にしていると思います。たとえば墨田区内を循環するバス「すみだ百景 すみまるくん・すみりんちゃん」のキャラクターや車両デザインは、髙橋さんが手がけたものです。

墨田区内循環バス「すみだ百景 すみまるくん・すみりんちゃん」デザイン・キャラクターメイキング
墨田区内循環バス「すみだ百景 すみまるくん・すみりんちゃん」デザイン・キャラクターメイキング

墨田区キャラクター「す〜みん・み〜みん・だ〜みん」デザイン・キャラクターメイキング
墨田区キャラクター「す〜みん・み〜みん・だ〜みん」デザイン・キャラクターメイキング

他にも墨田区の四季をテーマにした東京スカイツリーの「展望シャトル」の基本コンセプト・内装デザインなど、多くの作品が区内を彩っています。

東京スカイツリーエレベーター 基本コンセプト・デザイン・監修

東京スカイツリーエレベーター 基本コンセプト・デザイン・監修
東京スカイツリーエレベーター 基本コンセプト・デザイン・監修

成田国際空港第一旅客ターミナル中央ビル 空間デザイン

成田国際空港第一旅客ターミナル中央ビル 空間デザイン
成田国際空港第一旅客ターミナル中央ビル 空間デザイン

生まれも育ちも墨田区。幼いころから町工場に囲まれた環境に育ったこともあり、ものづくりの現場を見ているのが大好きだったそうです。「このお家とあそこのお家の技術を合わせたら、こんなものができるんじゃないかな?」とイメージを膨らませていたというから、その時期から将来が決まっていたのかもしれません。

ものができる行程を見ることによって社会の仕組みを知り、大人が働いている姿を見て、社会がどう動いているか自然とイメージできていたといいます。

日本ではじめて職業としてデザイナーが教科書に紹介され、髙橋正実さんがデザインと社会の仕組みについて解説されています。
日本ではじめて職業としてデザイナーが教科書に紹介され、髙橋正実さんがデザインと社会の仕組みについて解説されています

そんな髙橋さんは十代の頃より”デザインで社会の問題を解決したい”という意識を持って仕事に取り組んでいます。そして、対象となる歴史や過去を、理想的な未来とつなげることを常に意識してデザインしています。

理由は、働くとは、”社会のために働く”ということだと親から学んだそうです。地域の人々や環境に育てられ、幼いころ身につけた考えは、一貫して変わリません。

一般社団法人墨田区観光協会のロゴマークとショッピングバッグ デザイン
一般社団法人墨田区観光協会のロゴマークとショッピングバッグ デザイン

仕事はグラフィックデザインにとどまらず、商品やブランドのコンセプト、素材開発から産業の創出、マサミデザインとしてのブランド「MICACO」の立ち上げと幅広く、それらすべてに、「過去と未来を繋げ現在に落とし込み、デザインによって社会の問題を解決する」、という想いが込められています。

髙橋正実
MASAMI DESIGN
http://www.masamidesign.co.jp/