すみだスケッチ

健康レシピ

安納芋のぜんざい

安納芋は食物繊維やビタミンが豊富のため、腸内環境や肌の調子をよくします。小豆に含まれているポリフェノールは、新陳代謝を上げ冷え性予防にいいといわれています。

安納芋のぜんざい

材料(1人分)

安納芋 85g
白玉粉 20g
20ml弱
ゆであずき
(加糖入りの缶)
100g
50ml

作り方

【1】安納芋を1cmくらいに小さく切ってアク抜きをする。耐熱皿に芋を入れレンジ600Wで7分加熱する。芋は温かいうちに潰す。 【1】安納芋を1cmくらいに小さく切ってアク抜きをする。耐熱皿に芋を入れレンジ600Wで7分加熱する。芋は温かいうちに潰す。
【2】白玉と水を入れ混ぜる。【1】と混ぜ合わせる。 耳たぶくらいの柔らかさになったら、一口大に丸める。鍋に水を入れ沸騰したら団子を入れる。 団子が浮き上がってきたらお湯からとり、流水でぬめりをとる。 【2】白玉と水を入れ混ぜる。【1】と混ぜ合わせる。
耳たぶくらいの柔らかさになったら、一口大に丸める。鍋に水を入れ沸騰したら団子を入れる。
団子が浮き上がってきたらお湯からとり、流水でぬめりをとる。
【3】小鍋にゆであずきと水を入れる。温まったら器に盛る。 【3】小鍋にゆであずきと水を入れる。温まったら器に盛る。
【4】団子をのせて完成。 【4】団子をのせて完成。
 
工夫した点

安納芋の食感がほしかったので、芋を粗く潰しました。また、白玉粉と混ぜるときに色をだすだけでなく、安納芋の味を感じたかったので白玉粉を少なくして作りました。白玉粉が少なくても安納芋の水分でまとまりました。子供だけでも簡単に作れるデザートです。また、子供から大人まで幅広く食べられるデザートだと思います。

レシピ監修:大井麻衣
女子栄養大学 食文化栄養学科4年。墨田区出身。
栄養学だけでなく、食文化を通して地域を活性化させることについて学ぶ。