すみだスケッチ

チヒロちゃん

霧の島

船頭が漕ぐ船は、霧の中を進みます。

チヒロちゃんは赤く染まった手を口元にやり、息を吹きかけます。岸辺には、綺麗な鱗の小獣がいます。小獣は地面に腹をつけ、薄く開けた目で、真冬の河を眺めています。

祭囃子の音が聞こえ、小獣の耳が微かに動きます。船が岸に着くと、小獣は霧の中へ消えてゆきました。チヒロちゃんは船から降りて、小獣の足跡をたどります。

吾嬬神社
吾嬬神社

小獣の足跡は、大きなクスノキの下へ続きます。クスノキの下は、人々の熱気に包まれています。チヒロちゃんは立ち止まり、霧の向こうの嬌声に耳を傾けます。土埃をあげて駆け回る子どもたちの笑い声、空気を震わす三味線の音、護符を売る老人の擦れた声。

チヒロちゃんは肩を叩かれ、振り向きました。

リンゴのような頬をした女の子が、チヒロちゃんに一枚の小さな鱗を差し出します。

「ヤヒロちゃん」

どこからか声が聞こえ、女の子は濃い霧の向こうへ去ってゆきました。

 

「発車の時刻ですよ、急いでください」

船の搭乗口に立つ、乗務員の男が言いました。

チヒロちゃんが船に飛び乗ると、エンジン音が鳴り響きます。発車のアナウンスが流れ、船はゆっくりと進み出します。

 

霧はすっかり晴れて、向こう岸ではオレンジ色のネオンが眩しく光っています。乗務員の男はアナウンスを終えると、あくびをして携帯の画面をのぞきます。

冷たい風が吹き、チヒロちゃんはポケットにしまった鱗を握りしめました。

チヒロちゃん 〜霧の島〜

 

向島 デラシネ書館
藤岡真衣