イベント

たまかわマルシェ ~福島の食・文化との交流~

たまかわマルシェ

6月23日()10: 00~15:00

東日本大震災の被災復興支援と、地域の食と文化の交流を育もうと、東北、阿武隈山系の西の端に位置する福島県玉川村の「道の駅たまかわ(こぶしの里センター)」の協力を得て、玉川村の食・農産物を介した交流を行うイベントを、年3回、開催しています。新鮮な山の幸、畑の恵みは、ふじのきさん家でも好評です。

当日は、すみだの巣づくりプロジェクトによる防災相談室とふじのきさん家で好評のイベント「ふじのき音楽倶楽部」も開催しています。懐かしの名曲や童心に帰る歌唱を一緒に歌うイベントです。ぜひ、ご見学ください。

ふじのき音楽倶楽部

【道の駅たまかわ(こぶしの里センター)】
福島空港の側にある「道の駅たまかわ」では、阿武隈高原に育った新鮮な野菜や果物、玉川村特産さるなしやトマトなど加工商品も販売。
http://www.kobushinosato.com/

主催:NPO法人燃えない壊れないまち・すみだ支援隊
協力:すみだの巣づくりプロジェクト(芝浦工業大学)
会場:ふじのきさん家~ひきふね寄合い処~
墨田区東向島2-4-3
TEL:03-6657-2300
http://fujinokisanchi.com/

イベント

第16回両国にぎわい祭り わがまち再発見!ー歴史も文化も盛りだくさんー

4月28日()・29日(日・祝)10:30~16:00

イベントやグルメ、スタンプラリーと墨田・両国の魅力がいっぱいのイベント開催!

国技館会場:国技館オリジナルちゃんこ、名物焼鳥販売、相撲博物館、もちつき
回向院会場:数珠繰大法要、雅楽演奏、南京玉すだれ、別時念仏会、蒼彦太、天野涼の股旅縁歌ライブ、お茶、写経、法話、大道芸
江戸博会場:東京都・墨田区・両国ゆかりのキャラクター大集合、ふれあい体験教室・歴史散歩等・キッチンカーのフードエリア、フットサル体験(フウガドールすみだ)、江戸芸かっぽれ、箕輪囃子、ヘブンアーティスト、自転車シュミレーター、東京の島の名産品販売、子どもが主役の【舞祭】、東京の観光と歴史文化のPRコーナー、パンダ「シャンシャン」公開記念・動物写真撮影スポット
両国駅広小路会場:駅長犬(JR東日本千葉支社マスコットキャラクター)登場!、墨田区地元物産販売、墨田区PRブース、B.B.BASEバイシクルステーション
江島杉山神社宝物公開:宝物特別公開、つぼ体験コーナー、お灸体験コーナー、杉山和一資料館開館
国技館通りメイン会場 ちゃんこミュージアム:地元町会・商店会・睦会の味づくし出店!、ステージイベントと各種協賛ブース11店出店(ちゃんこ鍋など一杯500円)
両国街歩きツアー:受付 観光協会テント(国技館通りメイン会場)午前10:30より開始 参加費500円(小学生以下無料)
すみだ北斎美術館:常設展・企画展(変幻自在!北斎のウォーターワールド)開催中
スタンプラリー:スタンプを集めると楽しい景品をプレゼント!スタート国技館通りメイン会場

【お問い合わせ】
両国にぎわい祭り実行委員会事務局(江戸東京博物館内)
TEL:03-3626-9974(代表)

イベント

春の「すみだガラス市」

日時:4月21日()・22日()10:00~16:00 小雨決行
場所:長崎橘跡イベント広場(墨田区亀沢4-18-4)

加盟16社が国の伝統的工芸品。東京都伝統工芸品「江戸硝子」「江戸切子」その他ガラス器などのガラス製品を特別価格で販売いたします。

【ガラスの器のプレゼント】
3,000円お買い上げでガラス器を1個プレゼントいたします。
500円お買い上げにつき補助券1枚差し上げます。
(補助券6枚で1個お好きなガラス器をお選びいただけます)
★恒例のチャリティーセールも行います。値段を交渉してお気に入りのガラスを!!
★売上金は墨田区社会福祉協議会に寄付いたします。

【とんぼ玉体験】
とんぼ玉・切子の体験もご用意しております。(1回1,000円)
※「とんぼ玉体験」のみ予約受付します。
受付期間:4月20日(金)午後4時まで(人数により時間に変更があります)
体験時間:制作は約15分(お渡しまでに80分位)
お問合わせ:一般社団法人東部ガラス工業会
TEL:03-3631-4181

【プレゼント特典】
一般社団法人東部硝子工業会のホームページよりプレゼント引換券をプリントアウトして、持参すればプレゼントがもらえます!

http://www.tobu-glass.or.jp/menu33.htm
主催:一般社団法人東部硝子工業会、ガラス同業市実施委員会、墨田区

イベント

モノでたどるの日本の生活・文化『モボ・モガが見たトーキョー』

たばこと塩の博物館
4月21日()~7月8日(

大正時代から昭和初期・戦中の日本は、産業化が急速に進み、それまで都市の一部階層で見られていた洋服の生活スタイルが一般化してき、会社勤めをするサラリーマンや職業婦人といった新しい働き方が生まれました。
大衆消費時代を迎え、多くの企業がモダンデザインにこだわった商品や広告を打ち出していきました。一方で昭和初期は、世界的な金融恐慌(昭和恐慌)、満州事変、そして太平洋戦争開戦へと進む激動の時代でもありました。
本展では、ドラマや映画も多数製作され、近年注目されているこの時代の人々の生活・文化について、さまざまな資料を通して紹介します。

開館時間:午前10時~午後6時(入館締切は午後5時30分)
休館日:毎週月曜日(ただし、4月30日は開館)、5月1日(火)
入館料:一般・大学生100円(50円)、小・中・高校生50円(20円)、満65歳上の方50円(20円)
※年齢がわかるものをお持ちください。
※( )内は20名以上の団体料金。
※障がい者の方は障がい者手帳などのご提示で付き添いの方1名まで無料。

特別展関連 講演会・イベント
https://www.jti.co.jp/Culture/museum/event/flyer/index.html#ex02

たばこと塩の博物館
東京都墨田区横川1-16-3
TEL:03-3622-8801
https://www.jti.co.jp/Culture/museum/

イベント

『墨田と筑後の仕事展』

墨田と筑後の仕事展

『墨田と筑後の仕事展』が4月20日(金)~5月7日(月)に東向島珈琲店で開催されます。

墨田区の仕事情報を発信する「すみだの仕事」と福岡県八女市にある「うなぎの寝床」が共同で開発する、もんぺの展示販売会です。

本展示オリジナル商品として、墨田区の町工場やデザイナーのコラボレーションによる、スペシャルなもんぺを製作するほか、墨田と八女の地域の仕事を紹介する写真の展示も合わせて行います。

この企画は、「すみだの仕事」が、九州の筑後地方のものづくりを発信するアンテナショップ、「うなぎの寝床」が開発した「現代のもんぺ」を用い、働く人の作業着でもあるもんぺや、その製作風景、それを着用し働く人々をとらえた写真の展示を通じ、墨田区と筑後地方の仕事や働く人達を知ってもらえるきっかけになればと企画されました。

墨田と筑後の仕事展

会場では、「うなぎの寝床」のもんぺ全種類が墨田区で初めて展示され、実際に触って感じていただくことができます。また、本展に合わせ、墨田区の町工場とデザイナーが2種類のオリジナルもんぺを開発しました。1つは、向島にある「川合染工場」が持つ、日本で唯一墨田区でしかできない染の技法、東炊(あずまだき)加工を施した生地のもんぺで、も1つは、墨田区にアトリエを構え、インドのブロックプリントを作る際の廃棄される生地を再利用するブランド「rétela」の生地のもんぺです。かつて誰も見たことのない新しいもんぺをこのイベントで初披露します。

2016年にグッドデザインを受賞した、「うなぎの寝床」の現代風にアレンジされたもんぺは、農作業者としての機能性に加え、時代にあったスッキリとしたシルエットで普段使いにもできると人気の商品です。生地に筑後地方の伝統工芸である久留米絣(くるめがすり)を使うことで、手織りに近い風合いで履き心地も良く丈夫で履き込むほどに味わいが出ます。

東炊きもんぺ

また会場では、もんぺの製作風景や墨田区の様々な職業の方30人にもんぺを着用してもらい働く姿を撮り下ろした写真展示を行います。

墨田と筑後の仕事展

『墨田と筑後の仕事展』
日時:4月20日(金)~5月7日(月)
会場:東向島珈琲店 墨田区東向島1-34-7
営業時間:8:30~20:00(l.o.19:30)水曜定休
TEL03-3612-4178
参加費:無料 ※飲食店のため、1ドリンクはご注文ください。
主催:すみだの仕事
協力:うなぎの寝床、rétela、だしフォト、アンダンティーノ
サイトhttps://sumidanoshigoto.com/

イベント

すみだライブフェスティバル2018

薬物乱用防止を歌う”ピース”なライブフェス ~アイドルを中心に100名以上が出演

詳細プログラムはこちら:http://sumidalive.com/event/fes2018

すみだライブフェスティバル2018

日時:3月31日()・4月1日()11:00~20:00
会場:錦糸公園・入場無料
同時開催:錦糸公園桜まつり
主催:一般社団法人ピースライブ
お問い合わせ:info@sumidalive.com

イベント

墨堤さくらまつり

【土曜・日曜は楽しいイベント開催!】
ちんどん獅子舞、南京玉すだれ、相撲甚句、ベリーダンス、大道芸、パントマイム、かっぽれ、タイ舞踊、和太鼓演奏、伝統芸能猿まわし、観光コーナー、逸品名店会コーナー、俳句指導など

【出店】
隅田観光協会、墨田区銘品名店会、地元町会模擬店、向島芸妓茶屋、本所法人会、墨田区俳句連盟、向島地区内郵便局

日時:3月31日()、4月1日()、4月7日()、4月8日(
桜のライトアップ:3月21日(水)~4月10日(火)
会場:墨田区立隅田公園
主催:墨田区、一般社団法人墨田区観光協会

墨堤さくらまつり

イベント

ソラのねマルシェ

観光客(ソラ)と地元(ね)を結ぶ「ソラのねマルシェ」今回は商店街の美味しいパン屋と自家製焙煎珈琲店が集結します。墨田区に来られた皆様に「墨田区にはこんなに美味しいお店があるんだ!今度また来てみよう!」を目指しています。あなたのお気に入りのパン・コーヒーを見つけに来てください。

【参加店】
●パン屋さん
みんなのパン、ルクールベーカリー&カフェ、米粉パンカフェ和家、マルエベーカリー、業平キムラヤ、ブーランジェリーオットポン、ももぱん、サトミベーカリー、ブーランジェリートロワ、下町のパン屋Tomtom、かめぱん、下町のぱん工房
●自家焙煎珈琲専門店
しげの珈琲工房、すみだ珈琲、カフェシュクレ、マキネスティーコーヒー、Single O

日時:3月18日()11:30~売り切れ次第終了(最長16:00)※雨天中止
場所:錦糸公園 墨田区錦糸4-15-1
お問合せ:070-3352-2843 墨田区商店連合会ソラのねマルシェ運営事務局

すみだノート

イベント

39アートin向島 3月1日~3月31日

39アートin向島

街中で楽しむアートイベント『39アート in 向島』が今年も開催いたします。

展覧会、ワークショップ、パフォーマンス、音楽フェス、上映会、飲食、自転車ツアーなど多彩なイベントが1ヶ月間かけて開催します。作品を観る、アーティストとの会話、街を巡って新たな発見!など、様々な楽しみ方ができます。

日時 : 3月1日(木)~3月31日(
主に墨田区東向島、向島、京島、八広、文化、墨田で開催

【39アート向島とは?】
「サンキューアートの日」に地域で参加しているアートプロジェクト。2010年から始まって、今年で9回目。毎年約39もの企画が参加しています。そのほとんどがこの地域に住んだりアトリエを持っていたりするアーティストやお店、普通に働いている人や町工場の社長さんなどの企画です。向島では、1990年代後半よりこの地に集う現代アーティストや建築家達によってさまざまなアートプロジェクトが行われて来ました。そんな歴史の上に、いま向島にはとても多様で豊かなライフスタイルが浸透しています。そんなここでの創造的な暮らし・活動を、アートに感謝し、一堂に紹介するプロジェクトです。

イベント・会場の詳細はhttp://39art-mukoujima.info/をご覧ください。

39アート in 向島実行委員会
E­mail:39artinmukoujima@gmail.com
URL:http://39art-mukoujima.info/
facebook:facebook.com/39artinmukoujima
主催:39アート in 向島実行委員会
協賛:芸術文化地域活動「楽の会」、現代美術製作所、吉成工業株式会社
協力:京成電鉄株式会社、東武鉄道株式会社、NPO法人向島学会、明治大学山本俊哉研究室
後援:墨田区
当事業は、すみだの力応援基金より助成を受けております。

イベント

銀座・丸ノ内でイベントを開催!墨田区の地域ブランド「すみだモダン」展示販売・発表会

墨田区では2010年度から、「あたらしくある。なつかしくある。」をコンセプトに、区内の付加価値の高い優れた商品や飲食店メニューを地域ブランド「すみだモダン」として認証し、広くPRしています。これまでの7年間で122点の商品、55点の飲食店メニューが認証されてきました。

すみだモダンをはじめとする区の産業振興事業「すみだ地域ブランド戦略」のイベントを、都内の注目スポットである銀座ロフト、GOOD DESIGN Marunouchiにて開催します。

イベント(1)銀座ロフト 3階 ロフトマーケット
日時:2月28日(水)~3月21日(水・祝)11:00~21:00
場所:中央区銀座2-4-6 銀座ベルビア館
内容:すみだモダン認証商品の販売
(3月16日(金)からはすみだモダン 2017 発表展示・販売を開催)
SUMIDA CONTEMPORARY プロジェクト紹介展示・関連商品の販売

イベント(2) GOOD DESIGN Marunouchi
日時:3月23日(金)~3月25日(
内容:すみだ地域ブランド戦略の紹介展示
SUMIDA CONTEMPORARY プロジェクト紹介展示
3月24日()15時〜17時 SUMIDA CONTEMPORARY のトークイベントを開催
登壇者:ダヴィッド・グレットリ氏(Glaettli Design Direction 代表、SUMIDA CONTEMPORARY クリエイティブディレクター)
山田遊氏(株式会社メソッド 代表取締役、すみだ地域ブランド推進協議会顧問)
藤城成貴氏(shigeki fujishiro design)

【SUMIDA CONTEMPORARY】
墨田区内事業者とヨーロッパを中心とするデザイナーとの協働により、海外市場を見据えた新商品開発を行うプロジェクト。
クリエイティブディレクターには、有田焼400周年記念事業「2016/」やKARIMOKU NEW STANDARDなどでの実績を持つダヴィッド・グレットリ氏を迎え、国内外の豊富な人脈を活かしたデザイナーとのコラボレーションを行う。参加デザイナーはJasper Morrison(イギリス)や柳宗理スタジオ(日本)など世界的デザイナーから、BIG-GAME(スイス)などの注目デザイナーなど多岐にわたる。
銀座ロフト・GOOD DESIGN Marunouchiでの紹介展示ではpreview exhibitionとしてプロジェクトの紹介とメーカー、デザイナーの商品紹介を行う。今後商品開発が本格化し、2018年秋頃に「SUMIDA CONTEMPORARY」開発商品の発表を予定。

すみだ地域ブランド戦略

お問合わせ:すみだ地域ブランド推進協議会(事務局 墨田区産業観光部産業振興課内)
http://sumida-brand.jp

イベント