鍼灸の聖地「杉山鍼按治療院」で施術を受ける。

杉山鍼按治療院

世界で唯一神社の中にある治療院

こんにちは、すみだノート編集部の刈谷仁路志です。

凝り固まった体をほぐしたいと思いながら数年。とうとう限界に達し、マッサージをどこかで受けようと考えていたところ、すみだノート6月号を江島杉山神社へ配布に行った際に、「あるじゃん、ここに、鍼灸の聖地が!」(※)と翌日早々に江島杉山神社内にある「杉山鍼按治療所」に施術を受けに行きました。

(※)杉山鍼按治療所は、約350年前、杉山和一が鍼灸・あん摩の集団

教育施設「鍼治講習所」を開設した場所にあります。この場所は江島杉山神社という神社で、当治療院は世界で唯一、神社の中に治療院がある「鍼灸の聖地」です。(杉山鍼按治療所ホームページより)

土日も営業しているありがたさもありますが、350年受け継がれたきた伝統の施術を受けられること、そしてお相撲さんも来られるそうです。
大きな体のお相撲さんにも効果があるとなると、さぞ効くだろうと期待感を膨らませ、いざ訪問!

一見、入りにくそうな雰囲気はありますが、中へ入ると明るく出迎えてくれます。すでに気分が上々です!
せっかく、名のある治療院での施術なので、厚かましくも「施術していただきながら取材しても良いですか!?」と恐る恐る尋ねると、「いいですよ!」と即答いただきました。

治療院には、ベテランを含み多くの施術者が在籍いるようです。
私を担当してくれた先生は、高山和子さん。とても明るく優しい先生です。

30を過ぎた頃に目が不自由になり、それから鍼灸を学んだそうです。
高山先生は、墨田区の60歳上を対象とした「長寿マッサージ」サービスも行っているそうです。

体がどんどんほぐれていくのを施術を受けながら体感

体がどんどんほぐれていくのを施術を受けながら体感

「痛くないですか?痛いようであれば言ってくださいね」と、全身をほぐしながら声をかけてくれる高山先生。

痛いほど効くと信じている私は、M体質もあるのか、「どんどん痛くお願いしたします!」と要望。
施術の半ばで、どんどん体が軽くなるのを実感。

「マッサージって肉体労働ですよね。大変じゃないですか?」
「そんなことないですよ。人ぞれぞれ体にも顔があるようで、楽しいですよ」

と和気藹々と話がら、60分ほどの施術が完了すると、体重が10kgくらい痩せたんじゃないかというほど体が軽くなりました。
これからは、あまり体に負荷をかけず、月1回ほど通いたい気分です。

お話は聞けたけど、絵がないことに気づき、「すみませ~ん、私が施術されているところの写真を撮っていただけますか」と体が軽くなった分、さらに厚かましくお願い。

「いいですよ、いいですよ」と他の先生。
バシャバシャたくさんの写真を撮っていただきました。

江島杉山神社

治療院のある杉山和一記念館の中にある「鍼灸あん摩博物館」は閉まっていたので、次の楽しみにして、cをお参りし、心身共に軽い気持ちで、治療院を後にしました。

杉山鍼按治療所
東京都墨田区千歳1-8-2 江島杉山神社内杉山和一記念館2階
TEL:03-3634-1055
営業時間:10:00~17:00(時間外総相談)
定休日:不定休
杉山鍼按治療所ホームページ

すみだノート編集部
刈谷仁路志

前の記事
GO TO Cghg.
次の記事
今日も墨田は暑かった