イベント

加藤小百合 ヴァイオリンリサイタル【延期】

~吉田隆子と女流作曲家たち~

加藤小百合 ヴァイオリンリサイタル

コロナウイルス感染者の増加と世の中の状況を鑑みて苦渋の決断ではありますが、リサイタルを延期することにいたしました。
秋以降~冬頃を目処にリサイタル開催の日程を調整してきます。

「近年注目されている、東京出身の女流作曲家「吉田隆子」を軸に、プログラム前半は全て女性の作曲家の作品を演奏します。後半は、吉田隆子が積極的にコンサートで取り上げた作曲家バルトークの作品を演奏します。聴いたことのあるメロディーから、初めて聴く音楽まで。刺激的かつ心地良いお時間をお過ごしいただけると思います。ヴァイオリンとピアノ、二つの楽器で広がる世界を、どうぞお楽しみください。」

【プログラム】
吉田隆子:ヴァイオリンソナタ二調
クララ・シューマン:3つのロマンス
バルトーク:ヴァイオリンソナタ第1番

ピアノ:御法川恵里奈

日時:2020年5月21日(木) 18:30開場/19:00開演
会場:すみだトリフォニーホール 小ホール
チケット:一般3,000円(一般当日券3,500円)/学生2,000円
※未就学のお子様の入場はご遠慮ください。

チケットのご予約・お問い合わせ
vnduo.bienen@gmail.com(加藤)
https://bienen2007.jimdofree.com

後援:東京藝術大学音楽学部同声会
助成:公益財団法人ヤマノ文化財団

加藤小百合

【プロフィール】

加藤小百合 Sayuri KATO
東京藝術大学音楽学部器楽科ヴァイオリン専攻卒業。
江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第2位。入賞者演奏会にて新日本フィルハーモニー交響楽団と共演。
みえ音楽コンクール第1位、全日本彩明ムジカコンコルソ第2位(最高位)。
室内楽において、DuoBienenでレ・スプレンデル音楽コンクール最高位。ブルクハルト国際音楽コンクール最高位、弦楽四重奏BienenQuartetで蓼科音楽コンクール(現・セシリア国際音楽コンクール)第1位。
下倉バイオリン社主催によるザハール・ブロン氏のマスタークラスを受講。これまでに山岡みどり、山岡耕筰、漆原朝子の各氏に師事。
卒業後、東京藝術大学音楽学部弦楽科教育研究助手を務める(任期満了)。
NHK交響楽団チェロ奏者・桑田歩氏指揮浦安シティオーケストラ定期演奏会でのソリスト等演奏活動を行うと共に後進の指導にあたる。
幼稚園や小中学校等、教育機関その他施設でのアウトリーチ活動に積極的に取り組むうらやす財団「ミュージックデリバリー」アーティスト。

御法川恵里奈 Elina MINORIKAWA
東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。
これまでに国内外のコンクールにて入賞。仙台フィルハーモニー管弦楽団、札幌交響楽団と共演。
2008~2016年、熊川哲也Kバレエカンパニー専属のリハーサルピアニスト兼主任ピアニストを務める。
現在、後進の指導にあたる他、ソロや室内楽、バレエピアニスト等、幅広く演奏活動を行っている。

音楽