イベント

たばこと塩の博物館 江戸の園芸熱 ―浮世絵に見る庶民の草花愛―

百種接分菊 歌川国芳 個人蔵
百種接分菊 歌川国芳 個人蔵

2019年1月31日(木)~3月10日(

江戸時代の人々は花や草木で季節の移ろいを感じており、四季折々の花の名所は、行楽の場として賑わっていました。18世紀半ばには植木鉢が普及し、草花はより身近な存在になりました。往来や縁日では植木売りが店を広げ、家の軒先には鉢植えが飾られました。

また、現在、たばこと塩の博物館がある墨田区周辺には、墨堤や向島百花園をはじめ、花に関係のある名所が数多くあり、浮世絵の格好の画題となっていました。

本展では、家でも出先でも園芸を楽しむ人々の姿、草花をモチーフとしたおもちゃ絵やうちわ絵、舞台を彩った芝居の中の植物、そして隅田川界隈の花名所を描いた浮世絵を展示し、人々が熱をあげた江戸時代の魅力をご紹介します。

日時:2019年1月31日(木)~3月10日(
前期:1月31日(木)~2月17日()/後期:2月19日(火)~3月10日(
会場:たばこと塩の博物館 2階特別展示室
休館日:月曜日(ただし2月11日は開館)、2月12日(火)
開館時間:10:00~18:00(入館締切は17:30)
入館料:大人・大学生100円(50円)/小・中・高校生・満65歳上の方50円(20円)
※満65歳以上の方は年齢のわかる証明書を受付にご提示ください。
※()内は20名様以上の団体料金

梅幸住居雪の景 歌川国貞(三代歌川豊国) 個人蔵
梅幸住居雪の景 歌川国貞(三代歌川豊国) 個人蔵

【展示関連イベント】

〜展示関連講演会〜
「陶磁史から見た植木鉢とその魅力」
日時:2019年2月3日()14:00~
講師:佐久間真子(愛知県陶磁美術館 学芸員)
会場:3階視聴覚ホール
当日先着順、整理券制、定員90名

「江戸歌舞伎と園芸 ―舞台を彩る植物―」
日時:2019年2月24日()14:00~
講師:石橋健一郎(国立劇場 首席芸能調査役)
会場:3階視聴覚ホール
当日先着順、整理券制、定員90名

「江戸の園芸ブーム ―技術と情報でたどる園芸文化―」
日時:2019年3月3日()14:00~
講師:平野恵(台東区立中央図書館 郷土・資料調査室専門員)
会場:3階視聴覚ホール
当日先着順、整理券制、定員90名

〜たばしお寄席〜
日時:2019年2月10日()14:00~
口演:「長屋の花見」「青菜」 桂歌助
会場:3階視聴覚ホール

※各イベント参加には入館料が必要です。
※当日開館時より1名につき2枚まで整理券をお配りします。(整理券配布時に人数分の入館料を頂戴します)

たばこと塩の博物館
東京都墨田区横川1-16-3
TEL:03-3622-8801
https://www.jti.co.jp/Culture/museum/

イベント