イベント

第1回 すみだストリートジャズフェスティバル in ひきふね

第1回 すみだストリートジャズフェスティバル in ひきふね 開催

8月18日()11:00~20:00
8月19日()11:00~18:00
※会場によって異なります。
入場無料

すみだストリートジャズフェスティバル in ひきふね

【MUSIC 音楽】
●伊藤君子with宮本貴奈
 美空ひばりに憧れ、生誕80周年の昨年にカバーアルバムを発表した日本を代表するジャズシンガー
●佐々木健太郎(Analogfish)
 2019年に結成20周年を迎えるAnalogfishのvo.b。2018年7月25日キャリア10枚目となる最新フルアルバム「Still Life」をリリース。
●毒蝮三太夫&風呂わく三
 浅草育ちの俳優で立川談志が名付け親でありTBSラジオ「毒蝮三太夫のミュージックプレゼント」が50周年を迎える三太夫と、下町育ちの漫談家で吉幾三が名付け親の風呂わく三の毒舌冴え渡るステージ。
●美勇士
 両親が桑名正博、アン・ルイス。現在「トライポリズム」voの他に、ドラマ、映画ミュージカルなど様々なジャンルでも活動中。
●Vermilion Field
 2005年結成。2015年3月にビクター・エンターティメントより”Feira”をメジャーリリース。すみジャズの公式テーマソングを手掛ける。
●乙三
2002年結成、2006年にメジャーデビュー。幅広いオリジナル楽曲とホーンセクションを擁するポップで華やかなバンドサウンド。
●F.gicco あおいかなえ
成城の「F.gicco」より、松任谷正隆に師事、CM挿入歌などで活躍していたあおいと、モデル、NHK等のテレビ、映画、歌手として幅広く活動するかなえのユニット。
●帰ってきたキューピッドガールズ
地元商店街の平和と繁栄、そして、すみだの未来のために活躍中のキラキラ橘商店街ではお馴染みアイドル!

ほか、全5会場 69組出演

【ART アート】
8月18日()聴観chokkan/ライブペイント&作詞作曲パフォーマンス 
会場:原公園
画家・鈴木掌と音楽家・赤須翔がその土地の魅力をインスピレーションに歌と絵をその場で生み出すユニット聴観が18日()限定公演!

8月18日()・19日()「POP UP! NEWLD」
会場:sheep studio
長屋をリノベーションした空間でカセットテープの懐かしい音を聴きながら、極上のルートビアを飲む2日間限定のPOP UP STOREが出現!

8月18日()・19日()「papergirl個展」
会場:サテライトキッチン
音楽家の店主によるハーブティーやスイーツが自慢のリノベーションカフェ。ペーパークラフト作家papergirlによる個展開催。

【TOWNSCAPE 貴重な街並み】
関東大震災の復興住宅として作られ、東京大空襲を逃れた貴重な長屋、迷路のような路地裏。さらにオシャレなリノベカフェ、アトリエなども急増中の曳舟エリアを散策してみては?

【FOOD 商店街・フェス限定メニュー】
今も残る昔ながらの暮らし方の代表「商店街」。子供やお年寄りの見守りなど、人々の助けあい、交流の中心的な役割を担っています。昔ながらの下町の味、当日限定フェスメニューなど、下町価格で食べ歩きを楽しめます。

お問い合わせ先:https://hikifunejazz.com

主催:SSJF曳舟まちかど実行員会
共同開催:一般社団法人SSJF すみだストリートジャズフェスティバル実行委員会
後援:墨田区
協力:キラキラ橘商店街
協賛:(株)凌雲物流、ミツワ交通(株)、日本橋梁工業(株)、岡部(株)、ネクストエナジーアアンドリソース(株)、(株)霧下そば本家、スマイルメゾン曳舟、(有)山田建築 他

音楽

映画 紅葉橋

墨田区プレミアム上映会

覚えていますか?
あの日のすみだの風の優しさを
演劇に懸けた若者たちの
せつない心のグラフィティ

2017年11月に墨田区内オールロケで撮影された映画「紅葉橋(もみじばし)」がいよいよ上映されます。「すみだパークスタジオ倉」を舞台に繰り広げられる若者たちの夢や現実、それぞれの生きざまや思いが交差するヒューマンストリー。

映画 紅葉橋

地元の高校の演劇部の先輩や後輩たちで結成した劇団「レッドリーブス」により上演されるはずだった「墨東の乱」。しかし、その上演は劇団員の朝井峻佑のある行動がきっかけに頓挫して、その後劇団は解散し、それぞれの道を歩むことになる。
それから5年後・・・。
劇団2.5次元の舞台で俳優として活躍をする、レッドリーブスのメンバーだった朝井峻佑は、「墨東の乱」の舞台を断ち切れず、自らの演出として公演を行う。
「レッドリーブス」の仲間たちは、地元墨田区の区役所、信用金庫、職人、飲食店などに勤め、それぞれの道を歩み始めている。
仲間たちに「墨東の乱」の公演を観てもらいたいと思う朝井峻佑、解散のきっかけとなった浅井の舞台を観ることに躊躇する仲間たち。
「墨東の乱」本番当日にもトラブルが続出したが、間もなく幕が上がる。はたして仲間たちは見に来てくれるのか。

石川二郎監督・柳下大・山田菜々
石川二郎監督・柳下大・山田菜々

難波利幸
プロデューサーの難波利幸

「この映画は、それぞれの過去を背負い、未来に夢を持つ人たちの思いが交差する普遍のテーマをコンセプトに撮影しました」と、すみだパークスタジオ倉の開設から携るプロデューサーの難波利幸氏。

世代を超えた普遍のテーマによるストーリーと、全編墨田区ロケなので、自然に映画の世界に感情移入をしてしまいます。
この映画の象徴ともなる「紅葉橋」。あなたの想い出が詰まった「場所」を思い浮かばさせてくれるでしょう。

今後、曳舟文化センターでのプレミア上映を皮切りに、全国でのプレミア上映、海外の進出を行う予定とのこと。
「墨田区の皆様には、ぜひご覧いただきたい」と難波氏のメッセージ。

 

 

墨田区プレミアム上映会
2018年8月18日()・19日(
上映時間:11:00/14:30/18:00(2日間6回上映)
会場:曳舟文化センター
入場料:1,500円(税込み・全席自由)※未就学児入場不可
映画・チケットに関する詳細はこちら>>

キャスト:柳下大、山田菜々、安里勇哉、升毅、他
監督:石川二郎
脚本:堤泰之
プロデューサー:難波利幸

墨田区ロケ地協力:すみだパークスタジオ、すみだパークスタジオ「倉」、SASAYA CAFE、墨田区、墨田区商店連合会、東京東信用金庫、ベルモック、フウガドールすみだ、すみだフットサルアリーナ、片岡屏風店、押上よしかつ、すみだフィルムコミッション、一般社団法人墨田区観光協会 
共催:墨田区
企画・製作・配給:エヌオーフォーNo.4

 

【ロケ地案内】墨田区観光協会ホームページより
● 紅葉橋
東京都墨田区石原4丁目-横川1丁目
石原4丁目と横川1丁目を結ぶ橋で、昭和5年に架設されました。古くこのあたりに紅葉川という小さな流れがあったことに由来すると言われています。開けた場所なのでタワーがよく見えゆっくり写真がとれます。
● ササヤカフェ
 東京都墨田区横川1丁目1-10
TEL:03-3623-6341

墨田区の大横川親水公園沿いのオーガニックカフェ。公園を散歩しながら、立ち寄るお客様に人気のお店です。
● すみだパークスタジオ 倉(そう )
東京都墨田区横川1丁目1-10
TEL:03-3625-4640
東京スカイツリーから徒歩15分。倉庫の中から「芝居」や「アート」など公演しております。
● 片岡屏風店
墨田区向島1丁目31-6 コートK2 1F
TEL:03-3622-4470
東京都では唯一の屏風専門店、ショウルームでは、修学旅行で東京に来ている学生方を対象に『からくり屏風体験教室』を実施。
● 押上よしかつ
墨田区業平5丁目10-2
TEL:03-3829-6468
東京産の江戸野菜など食材にこだわったオリジナルメニューが美味しい。押上の住宅街にある人気店。

映画